CAT / 司真珠で飼われている猫達


猫を飼う時の決まり事


 [1] 基本は『怪我をして、人間が手助けしなければいけない捨て猫である』
 [2] 捨て猫で餌のない所にいる。呼んだら来る猫である。
 [3] 獣医師に預け健康診断を受け、避妊・去勢をして貰う事。

CAT / 猫達がここに来た経緯 (猫達の写真はGalleyでご覧頂けます。お時間がある方は是非どうぞ!)


残念にも亡くなってしまった猫も含まれます。又、表作成以降に司真珠で飼われた子も数匹おります。
ミーの助(♂)
猫を育てる事の始まり。昭子の誕生日にこの日にこの家にやって来た天使の様だった。。主人からのプレゼントです。(小猫)
みやこ(♀)
お盆にミーの助のオリの中へ勝手に入って来ました。2日間ご飯を食べて眠るのみ。ミヤミヤ泣き叫ぶ事からみやこと命名。(小猫)
チロ(♂)
道路で車に轢かれそうで呼んだら来た
錦(♀)
真夏の錦峠で干からびてぐったりしていた。脱水症状(小猫)
チャチャ(♀)
お盆の墓参りで生まれてまだ目の開いていない猫が泣き叫んでいた(小猫)
ペル(♂)
おじゃら(♂)・ミミ(♀)・リボン(♀)・カスミ(♂)・フク(♂)と兄弟です。1匹貰ってと言われて残りはどうするかを聞くと、海に捨てると言われ、全部引き取りました(小猫)
モモ(♂)
6匹のオリの所に誰か捨てていった(小猫)
多気(♀)
多気のサービスエリアに大怪我をして捨てられていた。アメリカンショートヘアー。泣き叫ぶ為、見捨てられなかった(小猫)
シマ(♀)・スミ(♂)
お不動様の道路にご飯も食べるのがやっとの猫が捨ててあったので育てる事に。
10
マチコ(♀)
国道を雨をかぶる中トボトボと歩いていた。追っかけたら逃げたので自宅に拾わずに帰る。夜、気になって同じ所に見に行ったらずぶ濡れで、このままでは死にそうなので連れて帰る(小猫)
11
ツキ(♀)・ウサギ(♀)
十五夜の日に誰かが自宅に捨てていった。私は主人に内緒でどこかへ捨てに行こうと思ったが、主人に見つかり飼う事になる。(小猫)
12
ハナ(♀)・キン(♀)・チョロ(♀)
3匹は姉妹で主人が好きで貰ってきた。飼う為に家族会議が開かれました(小猫)
13
クロ(♀)・ウリ(♀)
台風の時、風と雨の中で海へ行く道路の真中にくっついて座っていた。2匹共飛付くように抱かれてきた(小猫)
14
トラ(♂)・シャー(♀)
芝生の上にノラ猫が産んでいった。母猫は老衰で死亡。餌は食べに来るが、近づかない。2匹の為の住居を芝生の上に作る。